このブログを検索

読込中...

2016年9月27日火曜日

論文掲載情報(新規抗MRSA薬の効果・IJMM)


Kaku N, Morinaga Y, et al. Antimicrobial and immunomodulatory effect of tedizolid against methicillin-resistant Staphylococcus aureus in a murine model of hematogenous pulmonary infection. Int J Med  Microbiol. 306. 421-8, 2016(リンク).



 当教室の賀来敬仁助教のtedizolidのMRSA血行性肺感染マウスモデルにおける有効性についての論文がInternational Journal of Medical Microbiology誌に掲載されました(2016年9月付)。テディゾリド(Tedizolid, TZD)はオキサゾリジノン系の新規抗菌薬であり、アメリカおよびヨーロッパでは皮膚軟部組織感染症に対する治療薬として経口薬および注射薬が承認されたばかりの薬剤で、日本でも第Ⅲ相臨床試験が実施されています。

 本研究では、長崎大学病院検査部で以前から研究しているMRSA血行性肺感染マウスモデルを用いて、TZDが肺感染症でも有効か検討しました。MRSA肺感染症で主に用いられるバンコマイシン(VCM)と比較したところ、TZDはVCMよりも有意に生存率、生菌数を改善しました。また、LZDとの比較においては、生存率・生菌数での非劣性を示しました。本研究でのLZDの投与量が120mg✕2回/日投与であったのに対して、TZDが20mg✕1回/日投与と、投与量がかなり少ない状況でも非劣性であったことから、MRSA肺感染症の治療薬としては有用な薬剤になると考えられます。
 また、同じオキサゾリジノン系抗菌薬であるLZDでは、抗菌作用以外にも免疫調整作用があることが報告されており、賀来助教も以前報告しています(Kaku, et al. Antimicrobial Agents and Chemother, 2014)。本研究ではTZDがLZDと同じように血中の炎症性サイトカインを減少させたことが分かり、免疫調節作用についても期待ができそうです。

 当教室では、栁原教授小佐井助教賀来助教を中心に、臨床分離株、気道上皮細胞、感染症マウスモデルなどを用いて感染症の病態解明や抗菌薬の効果について研究しています。研究に興味のある方は、お問い合わせください


 これまでにブログで紹介した論文一覧はこちら→リンク

2016年9月25日日曜日

論文掲載情報(HBI-8000 in ATL・Cancer Sci)


Hasegawa H, Bissonnette RP, et al. Induction of apoptosis by HBI-8000 in adult T-cell leukemia/lymphoma is associated with activation of Bim and NLRP3. Cancer Sci. 107: 1124-33, 2016.(リンク)



 当教室の長谷川寛雄講師のATLにおけるHBI-8000の効果についての論文が日本癌学会の英文誌であるCancer Science誌に原著論文として掲載されました。HBI-8000は新規の経口ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤で、日本では末梢性T細胞リンパ腫の治療にかかる希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)の指定を受けています(リンク先参照)。現在、悪性リンパ腫を対象とした第2相臨床試験が検討されています。

 本研究では、ATL由来細胞株およびATL患者検体におけるChidamideの効果を評価しました。Chidamideは、ATL由来細胞株およびATL患者検体において腫瘍増殖抑制効果を示し、両細胞にアポトーシスを誘導しました。そのメカニズムとしては、免疫応答や細胞の生存など多彩な生命現象に関与しているNFκBの阻害作用が示唆され、自然免疫系の重要な構成要素であるNLRP3の関与するインフラマソーム経路の活性化がATL細胞死に寄与している知見が得られました。Chidamide によるNLRP3活性化は、がんの新たな治療戦略の一部として大変興味深い現象と思われます。


 当教室では、長谷川寛雄講師を中心に、ATLなどの血液疾患の診断、治療についての基礎研究及び臨床研究を積極的に行っています。研究内容に興味のある方がいらっしゃったら、お問い合わせください
 
 これまでにブログで紹介した論文一覧はこちら→リンク

2016年9月23日金曜日

論文掲載情報(キノロン耐性肺炎球菌の新規検出法・J Microbiol Methods)


Uno N, Araki N, et al. Clinical application of a ligation-independent pathway of multiplex ligation-dependent probe amplification for the determination of quinolone susceptibility of Streptococcus pneumoniae. J Microbiol Methods. 128:13-5, 2016(リンク).


 当教室の宇野直輝助教が新たな核酸増幅法を開発し、キノロン耐性肺炎球菌の検出に応用した論文がJournal of Microbiological Methods誌に原著論文として掲載されました(2016年9月付)。

 現在、MLPA(マルチプレックスライゲーション依存的プローブ増幅法)というマルチプレックスPCRの応用法が筋ジストロフィー等の遺伝性疾患の検査技術に用いられています。MLPAはその名の通りライゲーション依存的反応と考えられていましたが、宇野直輝助教はMLPAのライゲーション非依存的反応経路を以前明らかにしています(Analytical Sciences. 30: 805-10, 2014.)。今回は、このライゲーション非依存的プローブ増幅という新しい核酸増幅法をキノロン耐性肺炎球菌の検出に応用しました。この方法はMLPAに比べてかなり迅速で簡単な方法であり、微生物の迅速診断技術に応用できます。しかし、現時点ではMLPAほどのマルチプレックスの反応ができないのが課題です。

 当教室では、宇野直輝助教を中心に、遺伝子解析技術をベースとした新規検査法の開発を行っています。研究内容に興味のある方がいらっしゃったら、お問い合わせください






 これまでにブログで紹介した論文一覧はこちら→リンク